Home > dev/programming, nomadic lifestyle > 民主党とニューヨークタイムズ

民主党とニューヨークタイムズ

ニューヨークタイムズの記事はは軽く目を通すのが日課になっている。

またニューヨークタイムズのiPhoneアプリはタイポグラフィ(活字デザイン)もしっかりしていて読みやすいので、iPhoneでの暇つぶしに読むことも多い。

リベラル系論調で知られるニューヨークタイムズだが、昨年のノーベル経済学賞を受賞したポールクルーグマン、「フラット化する世界」のトーマスフリードマンなどのOp-Edコラムニスト陣の記事が面白い。面白く感じるということは共感する部分が多いということで、自分もアメリカではリベラルに属する考えを持っているのだろう

今、アメリカでは国民皆保険制度の賛否で大きく盛り上がっている。共和党系のメディアから「保険の選択肢がなくなる」とか「医療の質が下がり何ヶ月もの治療待ちが発生する」など極端な意見が出ていて不思議なくらいなのだけど、共和党はレッセフェールを追求するというより金持ちを優遇し、利己的な政策を求めているように見えてしまう。病歴があると健康保険に入れなかったり、保険に入っていても大病をしたとたん保険加入前に存在した(無関係と思われる)症状が原因で保険が下りないような制度でアメリカの人たちは安心していられるのだろうか。

医療が安いからと行って、病院通いが多くなり、大量の薬を処方され薬をたくさん飲まないと不安に感じるようになってしまうような日本の老人もいるけれど、国民皆保険はどこでも必要不可欠なものなのではないだろうか。
先進国で国民皆保険がないのはアメリカだけだと言われるけれど、いくら自己責任の国と言ったって、4700万人と言われる無保険者はどうにかしなければいけない。

しかし、アメリカでは社会主義的な政策はすぐにヨーロッパ化だとか政府に自由を奪われるという意見がどっと出てくる。社会主義というよりもセーフティネットレベルの話だと思うのだが。

医療制度改革と経済危機対応の出費で財政赤字が膨らむ中、オバマ政権の支持率は下降中。オバマがんばれ。

関係ないけど、小浜市の菓子屋からオバマまんじゅうが発売されている。パッケージに書いてある絵が肖像権をいしきしてか、オバマの後頭部と思われ絵(つまり後ろ向き)になっているのが面白い。

Advertisements
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: