Home > New Zealand > 過剰検査とfalse positive

過剰検査とfalse positive

朝一番で健康診断に行ってきた。

NZでは健康診断は希望制なので、GP(家庭医)に申し出て希望の検査をしてもらう。
自分の場合は、血液検査を事前に済ませ、その結果が出たタイミングでGPに問診をしてもらった。

結果はOKだったのだけど、血液検査と心拍、リンパ、身長体重をチェックしてもらうだけの検査でX線検査もない。日本では35歳を超えてからは、胸部レントゲンはもちろん、バリウム飲み胃のレントゲン、尿と便の検査など、半日人間ドックをやっていたので、なんか物足りない。(笑)

GPに聞くと、コストもかかるしfalse positive(間違いで陽性結果が出るケース)の数も増えるので、「効果が高い」検査しかしないという。でも、1年以上のNZビザを申請するときにはX線も必要なのはなぜだろう。

それはともかく、オプションで、脳ドックとかあらゆる検査が用意されている日本とはかなり違う。

定期健康診断では主に生活習慣病予防を促す警告くらいしか出ないという印象もあるけれど、日本の検査項目の多さの効果はどうなのだろうか。都心の人間ドック施設は大きくて、結構おいしい食事までついてくるところが多いところをみると、きっと儲かる商売ではあるのだろうけれど。

Advertisements
Categories: New Zealand
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: