Home > daily life, New Zealand > そういえばニュージーランドはカフェが多かった

そういえばニュージーランドはカフェが多かった

世界級ライフスタイルの作り方のブログエントリー「オージーコーヒー、ロンドンを席巻(間近か?)」によると、オーストラリア/ニュージーランドのカフェはレベルが高くロンドンでオーストラリア人やニュージーランド人がカフェを続々と開いているという。

確かにニュージーランドはカフェが多い。ニュージーランド(たぶんオーストラリアでも)で人気なのはFlat WhiteとLong Blackで、前者がラテのちょっと牛乳少なめで味がもう少し濃い感じ、Long Blackはエスプレッソのお湯割りでAmericanoと同等なもの。確かにFlat Whiteはおいしいと思う。スタバとかのラテはどうもミルクが多すぎてコーヒーの味が薄い。エスプレッソも好きだけど、ぬるくなると美味しくないのでテイクアウトする気にはなれない。

初めてNZに来たときはLong Blackが何かを知らずに、フィルターコーヒーはないのかと聞くと、Long Blackがそれに近いと言われ(こちらの店員はかなりいい加減な返事をする)、頼んだらエスプレッソお湯割りだった。苦みは有るんだけど、味わいが薄いので個人的にはNG。

このFlat White, Long Blackの元祖がオークランドかシドニーかという論争があるらしい。

コーヒー好きなのでカフェが多いのは大歓迎なのだけれども、カフェで出すコーヒーは基本的にエスプレッソベースで、フィルター(filtered)コーヒーがない。それを出すのはスタバくらいだけれど、スタバはそんなに店舗が多くない。どうもエスプレッソ系では他店に劣るらしく、スタバはおいしくないので行かないという声も聞く。

さて、今日はちょっとした買い物でスタバがあるモールに行ったので、久しぶりに外で普通のコーヒーを飲みたいと思い、フィルターコーヒーのトールを注文したら、「ごめんね、フィルターコーヒー用の豆が切れているの。Long Blackはどう?」と言われひっくり返りそうになった。ちょっと休憩したかったので、Flat Whiteでも良かったのだけど、今日は心の準備ができておらず、そんじゃいらんと言って退散。

いくらなんだって、フィルターコーヒーの地位の低さは改善してほしい。

Advertisements
Categories: daily life, New Zealand Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: