Home > daily life, New Zealand > 学習とリスクテイキング

学習とリスクテイキング

今日、長男が来年入学する近くの公立小学校を見に行ってきた。

ちょっと前に説明会のようなものがあったことを知人から聞いたのだけどそれに行きそびれてしまったので、そのことを伝えたら校長先生が案内してくれるということで、今日のアポをいただいたという経緯がある。

ニュージーランドは誕生日になったら入学する仕組みになっていて、入学式などはない。そういうこともあって、必要があればきちんと説明をする機会を設けてくれるのだろうか。

校長先生がいろいろ丁寧に説明してくれた中で印象に残ったのがリスクテイキング。我が家では家の中ではほぼ完全に日本語なので子供は英語がまだあまりうまくない。小学校入学までに英語のレベルがどれだけ上達するか心配していたので聞いてみたところ、「リスクテイキングができる子は早ければ5−6ヶ月で言語を習得してしまう。なのでリスクがどれだけとれるか(要はチャレンジする勇気があるか)で習得のスピードが全く異なるけれど、最終的にはESLもあるので大丈夫。」と仰っていた。

学習プロセスにはリスクテイキング、つまり失敗を恐れずトライする勇気がないとだめだという。なるほど。こういうことが子供のころから染み付いているとその先の人生もたいぶ違うと思う。

日本では子供は良い子=言う事をきく子であることを求められるけれど、リスクととる大事さを明示的に教わった記憶はない。

リスクテイキング、今の自分にとってももとても大事なことだ。

Advertisements
Categories: daily life, New Zealand Tags: ,
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: