Home > daily life, New Zealand > カスタマーサービスとの対応疲れ@NZ

カスタマーサービスとの対応疲れ@NZ

先週からVodafoneのカスタマーサービスへ3度目の電話。NZでカスタマーサービスとやりとりすると本当に疲れることが多い。

ということで、個人的経験からNZのとほほなカスタマーサービスの特徴をまとめてみた。

(1) コールバックがない

「担当がいないので、あとでコールバックさせる」というシチュエーションでコールバックが来たという記憶がない。実際、今日も一本の電話待ち。でもたぶんこないだろう。

(2) 態度がでかい

以前、非常に理不尽なことがあり、クレームをつけても、「こちらにできることはない」の一点張りでしまいには「私の時間を30分も無駄に使った」と暴言をはかれたことがある。(Vodafone NZ) 時間をつぶされているのはこっちである。

(3) フォローされるまで仕事をしない

コールバックがない(1)理由でもあるが、こちらがフォローしないと基本的に仕事が放置されることが多いため、フォローの電話をときどき入れる必要がある。電話を入れると「ちょうど今電話しようと思ってたの」とかいわれることが多い。(笑)

(4) 自社のサービス/製品の内容の知識も低い

自社製品/サービスの知識が薄く、いい加減な返事ですませることが多い。こちら側でいろいろ調査して論理武装しておかないと、2度手間、3度手間が発生する。

(5) チラシ等の広告とレジが連動されていないことがある

レジが連動していないこともあり、セールで買ったつもりが定価で買うはめになることがある。またチラシでセールと記載されているのに、売り場で定価表示なんてことも多い。セールを知らずにレジでスキャンしたら半額セールだったなんてこともよくある。

ということで、相手の間違い、システムの間違いは努めて気にしないようにしている。戦うだけ時間の労力の無駄。

それでも結構つかれてしまうことが多い。。。なんとかならんもんか。

Advertisements
Categories: daily life, New Zealand
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: