Home > New Zealand, nomadic lifestyle > 世界における日本人としてのメリット?

世界における日本人としてのメリット?

グローバルノマドライフの確立を目指し、日本人としてのメリットをときどき考える。

日本国内において日本人としてのメリットはいろいろある。一応まだGDP2位の大国であり、安全かつ社会インフラも充実している。歴史、文化など誇るべきものは豊富だし、日本でしか楽しめないものは多い。

日本以外の国で生活すると、滞在国においてその国民としての権利はない。当然だけれど日本語も通じなければ日本文化を楽しむ機会も非常に少ない。

ニュージーランドは英国からの移民が中心になって作り上げられた国であり、英国連邦の一員でもある。この英国連邦という概念、英国連邦国に住むまでピンとこなかったのだけど、なかなかすごい。

オーストラリア人のご主人を持ち、シンガポールから英国に近々移住される世界級ライフスタイルのつくり方のLa Dolce Vitaさんはご主人が英国からの移民ということで、UK Ancestry Visaという英国移民(祖父母が英国パスポート保持者)に適用されるビザを取得され、英国連邦のメリットをブログエントリー「大英帝国の末裔ビザ」に書かれている。

英国連邦国は大英帝国から独立後も輸入関税の免除の優遇や、労働ビザの相互優遇発給がある。そのため、英国に数年間出稼ぎに行くニュージーランド人はとても多い。また、法律もニュージーランドなど英国のコモンローをベースにしている国では英国の弁護士資格や会計士資格がほぼそのまま使えると以前話した弁護士さんが言っていた。

日本のパスポートは確かにビザなし訪問できる国は多いけれども、それ以上のメリットはあまりない。

日本語はもちろん、日本の資格が海外で受け入れられるケースは武道の有段者意外に聞いたことがない(笑)。

有名企業での職歴を持っていても、日本では企業文化がかなり違うためか、海外ではそれほど認められず、「ただの人」になってしまうケースが多いのではないだろうか。

グローバル化が進み、グローバルに活躍できる日本人のネットワークが幅広く構築されてゆくと、その国の経済&文化圏が広がり、グローバル社会での日本人としてのメリットが増すのだろう。

そう考えると、次なるパワフルグローバルネットワークは華僑、印僑なのか。

我々もがんばりましょう!

Advertisements
Categories: New Zealand, nomadic lifestyle Tags:
  1. December 6, 2009 at 7:28 am

    引用ありがとうございます。
    細かい話ですが、UK Ancestry Visaを取ったのは夫で、私はUK Ancestry Dependent Visaです(バリバリ日本人ですので、笑)。

    人的ネットワーク社会になればなるほど、日本人がその流れについていけていなような気がします・・・

    • December 6, 2009 at 8:16 am

      ありゃ、すみません。そういうつもりで書いたのですが文章がわかりににくかったですね。(笑) ということでちょっと修正致しました。
      日本人は旅行好きだし、海外志向が低いわけではないはずなのでどこかでガツンと刺激があると海外に出て行く人も増えてくれるのではないかと期待しています!

  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: