Home > dev/programming > three20のメリット・デメリット

three20のメリット・デメリット

諸々の理由でプロジェクトでiPhoneのサードパーティ開発フレームワークthree20を使うことになったので、数週間前から勉強し始めた。

three20はFirefoxのデバッグツールアドオンのFirebugの開発者でもあり、業界の有名人Joe HewittによってiPhone 向けFacebook app開発時に構築されたフレームワークである。(しかし2009年11月にJoe HewittはApple AppStoreのアプリ審査に関して不満を示しiPhoneプロジェクトを離れる)

three20の主な機能としては:

  • URLを使用したページ(View)間移動機能
  • HTTPディスクキャッシュ(iPhoneではメモリキャッシュしかない)
  • Flckrライクなサムネール&フォトビューア
  • スタイルシートのようなスタイル指定の外部ファイル化
  • HTMLのようにテキストフィールドの一部またはすべてにスタイルを持たせることが可能
  • ネットからのデータ取得処理管理を持つテーブルビューコントローラとイメージビュー

みなさんそれぞれ、フォトビューアを使いたい、HTTPディスクキャッシュが必要などthree20を使う動機はいろいろあると思う。

個人的には上記にリストアップした項目でURLベースナビゲーション機能意外は使うメリットがとても大きいと思う。

デメリットがないかと言えば、いくつかある。

  • Joe Hewittがプロジェクトを離れてしまった。Facebookの別の担当が引き継いだのだけれども、Joe Hewittのスキルは皆が信頼するところ。Facebookアプリ並びにthree20がクオリティを維持できるか不安が残る。またiPhoneOSがバージョンアップし、タブレット等対応デバイスが増えた場合など、きちんと進化して行くのか気になるところ。
  • ドキュメントが少ない。Cocoa Touchと考え方が違う部分もあり、クラス構造も結構複雑なので、フレームワーク全体に慣れるのが時間がかかる。ある程度のプロジェクト規模がないと元がとれないかもしれない。

少し落ち着いたらtipsでも載せようかと思います。

Advertisements
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: