Home > technology > iPad評価いろいろ(3)

iPad評価いろいろ(3)

iPadへの冷めた意見に対する自分の意見シリーズ2回目。

[冷めた意見2]マルチタスクがない

はい、マルチタスクはありません。Androidではアプリがマルチタスクで動きます。

Appleの言い分は、モバイル端末の限定されたメモリや処理性能の中で、マルチタスクは望ましくないということである。iPadに関してもそのスタンスは継続された。iPad用にデザインされたチップであるA4は性能的にかなり優れたものらしいが、それでもマルチタスクは解禁とならなかった。

iPhoneOSでマルチタスクがないと言ってもそれはあくまでもサードパーティアプリではという但し書きが付く。Clockアプリでタイマーを掛けてもバックグラウンドできちんと機能してくれる。iPodもバックグラウンドで動作する。マルチタスクがほしい大きなの理由としてはnotificationの受信なのだが、これについてはPush Notificationという形でサードパーティでもAppleを通じてiPhoneにnotificationが送り、iPhone側ではバックグラウンドでその受信ができるようになった。

マルチタスクの大きな問題は、画面が消えている(または画面が裏に沈んでしまった)のにアプリが動いているとユーザーはどんどん起動アプリを増やしてしまう可能性が高い。特にiPadがアピールすると思われるパソコンのヘビーユーザーでない方々は、操作中のウィンドウ意外にアプリが起動しているかどうかということはあまり認識できていないことが多い。となるとマルチタスクの自由はシステムリソースの無駄遣いになってしまう可能性が高いということになる。アプリ終了時の状態をプロパティーリストに保存し、次回起動時に終了時の状態を再現するのは容易にできる。

確かに、ジョギングのタイムと走ったコースを記録してくれるRunKeeperのようなアプリの場合、バックグラウンドで動作できないと他のアプリを起動するときに一旦終了しなければならず、ジョギング中にFourSquareでチェックイン、TwitterでtweetというようなことをしようとするとRunKeeperのタイムとGPS計測は停止しなければならない。ジョギング中は走りに集中しろと言う突っ込みはおいておき、マルチタスクがあればアプリの幅が広がるのは確かである。

しかし、既述の通り、大半のユーザーにとっては複数のサードパーティアプリを同時に走らせる必要はあまりなく、サードパーティのアプリが完全解禁にならずとも、問題はないというのが最近の自分の意見。

Advertisements
Categories: technology Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: