Archive

Posts Tagged ‘裁判員’

日本の裁判(陪審)員制度

April 19, 2009 Leave a comment

渋谷を歩いていたら駅前で裁判員制度中止を求める署名運動をしていた。
「統計によると市民の8割が反対」と書いてあった。

そりゃ、面倒だし都合をやりくりしなければならないので、やらなくていいのに越したことはないのだろう。

一つ気になったのが、日本の場合、裁判員の「多数決」で判断するともらったビラに書いてあった。自分の知る英国型陪審員制度は基本的に全員一致でないとhung juryで新たな陪審員でやりなおしだと記憶しているのだけど、多数決は確かに乱暴な気がする。

多数決って本当なのだろうか。

Advertisements
Categories: daily life, New Zealand Tags:

陪審員招集その後

April 12, 2009 Leave a comment

先週招集され、陪審員として地方裁判所に出向いた月曜日。
呼ばれていたのは100人以上いたと思う。

月曜日に割り当てらた裁判は直前に被告が有罪を認めたため、結局水曜日に再度出頭。(陪審員は有罪か無罪かを判断するだけで、刑は判断しない)

水曜日、待つこと1時間、結局この日も裁判に選ばれず、翌日木曜日も来なければならなくなった。

ここまで来ると、いい加減裁判に参加したくなって来る。

木曜日、事前協議のようなものが間に合わず、その日に割り当てられていた裁判は延期になり、結局自分を含めた十数人の陪審員候補は解散になった。

残念。

Categories: daily life, New Zealand Tags:

陪審員召集礼状

April 5, 2009 Leave a comment

ニュージーランドでは永住権保持者も陪審員の対象となる。

しかし、選挙民登録(選挙民リストを元に選出されるらしい)して半年も経たずに陪審員招集がかかってしまった。まわりのKIWIに話してみると、一度も選出されたことがないという人もいるくらいで、人によってまちまちなようだ。

ニュージーランドに住むものとして司法に参加する義務であり、重大な理由がない限り免除はされない。

ということで、昨日オークランドの地方裁判所に出向いて来た。
交通費(自家用車の場合は距離に応じた費用と駐車場代)と日当(半日$31, 全日$62)が支給される。

月曜に招集され、その週開催される選挙に抽選で割り当てられる仕組みなのだが、自分の場合は月曜日の裁判に割り当てられたものの、被告人が有罪を認めたため陪審員の出番がなくなり(陪審員は有罪か無罪を判断し、刑は裁判長が決定)、結局水曜日の裁判への割当となった。

陪審員は多めに選出されており、最終的に裁判に参加するかどうかはまだわからない。





Categories: New Zealand Tags: